東進の模試や時間割とposなどについて

東進ハイスクール

大学受験を勝ち抜くためにと、東進ハイスクールは現役高校生のための予備校として超有名です。校舎は首都圏中心に分布していますが、東進衛星予備校は全国同時に迫力の講義が体感できると好評です。
東進ハイスクールは、某有名講師はじめ最強の講師陣を標榜していて実際、実績面でも定評があります。短時間でマスターできるよう工夫された学習システム、担任指導制でキメ細かな指導が売りになっています。
東進ハイスクールで、ぜひ活用したいのが大学入試過去問データベースです。185大学の入試問題23年分がストックされ、受講生は無料でいつでもどこでもアクセスできます。
東進ハイスクールは、posシステムを使って今の自分の学力をチェックできるのもメリットです。受験勉強のアクセントに、力試しに模試をピックアップして受けるのもおすすめです。模試の結果をフィードバックに活用し、志望校合格へより一歩近づけることも可能です。

         

東進のpos

東進の受講生は、posシステムで自分の学習履歴を一目で確認することができます。講義や模試は受けっ放しにするのでなく、今後の受験勉強に生かせるのがうれしいポイントです。
はじめての人は、posを利用する前にログインする必要があります。東進のホームページにアクセスして、初回ログイン後に発行される仮のパスワードは1回だけ変更できるので、安全のためパスワードは適切なものに変更するのがおすすめです。
公式サイトはこちら=リンク
以下のキャプチャー画像からもリンクしています。

東進の学習システムはよくできていると評判ですが、講義や模試をただ受けているだけでは進み具合はわかりにくいものです。東進のposで時々チェックしながら、弱点分野の克服につなげることができます。
東進は保護者参加も重視し、「ご父母用学力pos」の利用を推奨しています。担任講師と情報を共有でき、子どもさんの登下校のことまで一目瞭然です。受講生本人・保護者・担任講師の3者のタッグで、強力サポートで学力アップにも直結します。

         

東進の模試

東進では、入試本番さながらのレベル・内容で模試が受けられます。ホームページの年間スケジュールをみて適当なものをピックアップし、チャレンジすることはモチベーションアップにつながります。
年間スケジュールを見る=リンク
東進の模試といえば、全国統一高校生テストは超定番で、全国レベルで自分の学力レベルが測定できます。センター試験本番レベル摸試は受験者が多いこともあって、入試のシミュレーションにもおあつらえ向きです。
東進は、早慶クラスの大学を受験する人が多いことから、難関大本番レベル記述模試も実施しています。記念受験の人も多いかもしれませんが、本番の雰囲気はつかむには効果的です。

         

東進で模試を受けた結果は、データベースとして保存されます。受講生はweb上で、posで試験結果をチェックすることができます。教科ごとの得点の推移をトレースするのはお手の物で、学習方法に間違いはないかフィードバックすることが成功のカギを握ります。
また、模試を受けるにしても、「自分にあった模試」を受けることが大切です。東進では志望校やレベル、学年から自分にあった模試を見つけることができます。自分に合った模試を見つけてみる=リンク
以下のキャプチャー画像からもリンクしています。

最新情報をチェックしよう!
広告

知識・教養の最新記事8件