太陽フレア

太陽フレアの影響

気まぐれのように太陽フレアが発生すると、太陽から大量のX線や帯電した粒子が放出され、地球にも到達します。数時間、まれに1日以上も続くことがあり、電気系統などに影響が及ぶことがあります。
太陽フレアが発生した場合、地球では高度80〜1000kmの電離層の磁場が乱れ、磁気嵐が発生しやすくなります。磁気嵐の影響でGPSに誤差が出るなどまだ増しなほうで、変電所に電流が過剰流入した結果、変電所が破壊され広い地域に大停電を起こすことがあります。
太陽フレアの影響として、1989年にカナダで発生した大停電は復旧まで9時間を要したといいます。電波に頼りっぱなしの昨今、生活に与える影響は無視できないものがあります。
▼巨大太陽フレアが発生するシーン▼

今日の太陽フレア

太陽フレアは、いってみれば太陽がくしゃみをしたようなもので、今日あるかどうかは予測不可能です。せいぜい影響を最小限に抑えられるよう、太陽活動をウォッチしていくしかなさそうです。
太陽フレアが今日ありそうか、現状では「NICT宇宙天気情報センター」の情報がもっとも信頼に足ります。世界各地の観測データとセンター独自のデータとあわせ、太陽活動の動向をウォッチしています。情報は、毎日16時に更新されます。
太陽フレアは本当に気まぐれな天文現象なので、地震や火山の噴火以上に予測困難です。今日発生するか、今日の科学では100%の精度は無理ですが、過去のデータを元にして傾向を探るのは意義があります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告

知識・教養の最新記事8件