道の駅

全国の人気の道の駅

ひとつ上のドライブに、全国の人気の道の駅をルートに加えるのはおすすめです。地域特産の幸がリーズナブルに購入できるほか、ご当地ラーメンやブランド牛など、グルメスポットとしての顔もあります。
道の駅の人気度は、絶景が望めることも評価ポイントになります。北海道の大自然や富士山の絶景はあまりにも有名ですが、道の駅の人気の高まりで隠れた名スポットが続々明るみに出ている状況です。
さらに、プラスαの部分も大切な要素です。温泉やミニ遊園地など特徴をもった駅は、本当に多くあります。もはや「ドライブの休憩所」の域を超え、「総合レジャーランド」のような存在となっているケースもあります。
道の駅の人気ランキングですが、これはいろいろな観点からのランキングがあります。ここでは世界最大の旅行関連口コミサイトである「トリップアドバイザー」の2017年ランキング=「旅好きが選ぶ!道の駅ランキング 2017」をご紹介しましょう。

1位:道の駅 なんごう(宮崎県日南市)
2位:道の駅 いとまん(沖縄県糸満市)
3位:道の駅 富楽里とみやま(千葉県南房総市)
4位:道の駅 たるみず(鹿児島県垂水市)
5位:道の駅 キララ多伎(島根県出雲市)
6位:道の駅 ニセコビュープラザ(北海道ニセコ町)
7位:道の駅 あわじ(兵庫県淡路市)
8位:道の駅 舟屋の里 伊根(京都府伊根町)
9位:道の駅 阿蘇(熊本県阿蘇市)
10位:道の駅 あきた港(秋田県秋田市)

[adsense]

道の駅の一覧

全国的に、道の駅の一覧はボリュームを増している状況です。すでに1100駅を超え、「日本中どこにでもにある」、という感がありますが、ドライバーにも観光客にも重宝する施設には違いありません。周辺住民にとっても、地域おこしの情報発信拠点として期待が寄せられているのです。
最寄りの道の駅や行き先にある道の駅を探したいときには、全国「道の駅」連絡会・道の駅公式ホームページの「道の駅を探す」というメニューが便利です。
※下のキャプチャー画像からリンクしています。

道の駅の一覧をみるには、五十音順・エリア別から攻めていく方法があります。たとえば、エリア別に候補を絞り込み、五十音の一覧であたりをつけるで、検索スピードアップにつながります。
道の駅は、食事や土産物の販売店という立ち居地ですが、中には宿泊施設や温泉を備えた駅もあり、評判を呼んでいます。道の駅の一覧で調べて、次のドライブ先に指名する価値はあります。

道の駅のマップ

旬の上を行くドライブは、道の駅マップを片手に体感型がトレンドとなっている模様です。マップは市販のガイドブックを参照したり、インターネットから無料ダウンロードして使う方法もあります。
ドライブの行き先を決めるには道中に何があるか、まずは全体像をつかむことから始まります。マップはばくぜんと眺めるのではなく、エリア別・県別へと進み、道の駅のマップからターゲットを絞り込むのが賢い検索方法です。余裕があれば、1日に2〜3駅まわることも可能でしょう。
ただ、高速道路のPAやSAと違い中には街中にあるなどで、場所が分かりにくいケースはままあります。現地で迷わないよう、道の駅のマップで場所をしっかり確認しておくと安心です。

道の駅の営業時間

全国一律ではなく、道の駅の営業時間は地域の事情に合わせて設定するケースが大半のようです。8〜18時、9〜21時などと駅によって違いがあるので、事前に公式サイトで要確認です。
道の駅の営業時間では、平日に週1が休業日になるケースが多々あります。一方では、年中無休で営業している駅もあるので、休業日の有無は事前に確認しておくとよいでしょう。
道の駅の中には観光の目玉として、レストランや入浴施設を備えたところが多くあります。営業時間は一般的な商店並みで普通の飲食店のように使えるので、地域住民にとっても利用しやすい施設に映るようです。
いずれにせよ、目当ての道の駅を検索で探し、あらかじめそこの営業時間を確認しておいたほうがよいでしょう=「道の駅を探す

広告

観光・旅行の最新記事8件