Tver(ティーバー)のダウンロードや録画や「テレビで見る」裏技など

  • 2018年4月11日
  • 2018年9月10日
  • 娯楽
  • 21view

ティーバーとは

かわいい女の子のCMで大人気の、ティーバーとは、民放各社が連携して運営しているテレビポータルサイトのことです。番組のオンエア後、7日間に限り無料でオンライン視聴ができるのが売りとなっています。
ティーバーとは、人気ドラマ、バラエティ、スポーツ番組などから、無料で番組のキャッチアップができるサービスという言い方もできます。ホームページの番組表や一覧で検索できますが、民放のサイトなのでNHKの番組の視聴はできません。
ティーバーとは、パソコンで視聴することが多いのですが、アプリをダウンロードしてスマホでも楽しむことができます。また、テレビと接続するなどして、ビデオのような使い方をする人もいます。

         

Tverのダウンロード

Tverは、放映後のテレビ番組を一定期間オンラインで視聴できるサイトです。動画閲覧には最新版のFlash Playerが必要で、なければ公式サイトから無料でダウンロードできます。Tverの動画は規定上、ダウンロードできないこととなっています。公式にはストリーミング配信のためと説明されていますが、著作権法上その他の制約が背景にあるものと目されます。
現実には、Tverの動画を「動画ダウンロード無双」というソフトをダウンロードに使っている人は多いようです。有料のソフトですが、お試し版もあるので動作確認に使えます。また、「debut」というフリーソフトでもOKという口コミもあって、ウラ技はいく通りもありそうです。

録画し忘れた時のTver頼み


Tverにアクセスするだけで、放映後のテレビ番組を期間限定でオンライン視聴ができます。録画し忘れ・し損なっても、見たい番組を見逃して悔しい思いをせずにすみます。
Tverのホームページには、お気に入り番組を「マイリスト」に登録する機能がついています。「マイリスト」に登録された番組は、自動的にリストアップしてくれるので、録画はそもそも不要になり、ビデオも不要になります。

Tverの録画ってできる?

公式には、Tverで公開されるテレビ番組は、録画できないと規定されています。それでも裏技を駆使して、専用のソフトを使って、録画する方法があれこれのサイトで提案されています。つまり、実際は、動画をダウンロードするソフトが何本か入手できるのです。
Tverが録画できるソフトといえば、「動画ダウンロード無双」が人気です。高性能のうえに、無料お試しがあるのも、うれしいポイントです。「MXONE2」なども、高スペックで定評があります。
Tverの録画には、無料のソフトで対応できるケースが多々あります。「アマレコTV」や「Debut」などが、メジャーなソフトにあげられます。多くのソフトで、使い方が少々難しいのがデメリットですが、パソコン上級者には重宝しそうです。
また、windows10の標準機能でダウンロードできたといった口コミもありますが、ネット環境その他の影響で百発百中とまではいかないようです。

         

ティーバーが「見れない」時は?

ティーバーが見れないトラブルはままあるといいますが、アクセスが集中しすぎてシステムダウンしたことが原因と考えられます。公式サイトには、利用状況をリアルタイムで公表されているので参考にすることができます。
ティーバーにアクセスできても、見たい番組が見れないというケースでは、そもそも配信期間中か確認する必要があります。テレビ番組は原則として、オンエア後7日間限定で公開されるのです。
ティーバーが見れない場合、再起動するだけで問題がクリアになるケースはままあります。機器のスペックが足りない場合も視聴不可となるので、アップデートしてからの再トライが必要なことがあります。

ティーバーのCMはうざい?

ティーバーは民放が共同で作ったテレビ番組の見逃しサービスなので、CMでちょくちょく番組が中断されます。
時間を節約したい向きは、CMのところだけ早送りをする人も多いことでしょう。
そもそも、ティーバーでテレビ番組を視聴しようとすると、最低15秒くらいのCMが最初に入ります。それが不満という人は多いようですが、無料サービスということで、大方はやむを得ないとみているようです。
ティーバーは2018年のCMで、サッカーのユニフォームを身にまとった女の子が、かわいいと評判を呼んでいます。モデルとなったのは、鈴木美羽(みう)さんとのことで、自身のtwitterでも公表している事実です。

ティーバー利用時の通信料

ティーバーとは、民放各社が共同で運営するテレビポータルのことで、各局のテレビ番組は、オンエア後から7日間、通信料無料で視聴し放題となるので、見逃し番組のキャッチアップに使う人が多いようです。
ティーバーは、通信料を含めた費用が無料となっていて、会員登録も入会金も必要ありません。番組録画ができないことがだけがデメリットですが、専用ソフトを使って録画ができたという体験談は枚挙にいとまがありません。
ティーバーは、通信料が無料といっても、それ以外の費用はすべて自己負担となります。インターネット接続にかかる料金、プロバイダー料金などは、ユーザー側がユーザー側が自分で契約し負担することとなっています。

         

TverでNHKは見られない

Tverとは、民放各社が共同で立ち上げた、見逃し番組のキャッチアップサイトのことです。無料で利用できるのがメリットですが、NHKの番組はカバーしていないので要注意です。
ただし、Tverのサイトでも番組表から、NHKの番組はチェックできます。さらに、番組表からリンクすることもでき、番組そのものを視聴することはできませんが、出演者など番組詳細にかんする情報にアクセスすることは可能です。
ちなみに、「NHKオンデマンド」とは、NHKの見逃し番組をキャッチアップできるサイトのことで、無料・有料のサービスがあります。サイトの性質上、民放専用のTverとは補完関係にあるといえます。

ティーバーを普通のテレビで見ることはできる?

ティーバーをテレビで見るには、パソコンと接続するだけで視聴可能になります。HDMIケーブルを使うなどして、テレビとパソコンが接続できれば即、テレビで見ることができるでしょう。
ティーバーをテレビで見るには、クロームキャストを使う方法もあります。通信方式は、無料LANやLTEに対応しています。パソコンやスマホをリモコン代わりに、動画をテレビ画面に飛ばすことができるツールなのです。
ティーバーをテレビで見るには、Fire TV Stick や Apple TVを使う方法も考えられます。こちらは多くの場合、iPhone や iPadに向いている方法なので、機器に応じて使い分けるとよいでしょう。

ティーバーの類似サービスにはなにがある?

ティーバーは、類似サービスと比較する際、検討すべきポイントが何点かあります。まずテレビ番組は全部カバーされているか、無料で使えるか、番組の公開期間などが主なところです。
その線で行くと、You Tubeはある意味で、ティーバーの類似サービスと呼べるサイトにあげられます。類似サービスといっても、番組がすべてカバーされているとは限らず、著作権の関係で突然削除されることはままあります。
ティーバーとの比較で、「NHKオンデマンド」を類似サービスにあげる人もいます。ただし、NHKの番組限定となっているので、民放の番組は対象外となっている点で根本的な違いがあります。

最新情報をチェックしよう!
広告