イオンモバイルの店舗やSIMの種類と対応機種について

イオンモバイルの料金

イオンモバイルは、月額基本料金が480円+税からとあり、29タイプもの料金プランから選べます。格安スマホへの乗り換えでどれくらい安くなるか、公式サイトのコンテンツで計算してシミュレーションできます。
スマホは、大手キャリアからイオンモバイルに乗り換えるだけで、料金が半額程度に、中には3分の1にダウンしたケースもあるといいます。契約できるデータ容量は500MB〜50GBとあり、データ容量を必要最小限に抑えれば、年間で数万円オフにダウンさせることが可能です。料金もそうですが、いわゆる「2年縛り」がないというのも人気のようです。

イオンモバイルにはオプションプランもあり、通信量の追加・留守電サービス・キャッチホンなどが、別料金で利用できます。なお、支払いはクレジットカードでと規定されています。

         

イオンモバイルの解約

イオンモバイルの解約にあたっては、契約時に使ったお渡し店舗、またはフリーダイヤルの「お客様センター」で手続きできます。ホームページでは、解約できないので要注意です。
イオンモバイルを解約すると、SIMカードは即使えなくなります。通話は当座はできますが、当然ながらその分の通話料金はかかります。
イオンモバイルでは、解約手数料が0円となっています。ただし、月途中で手続きしても日割り計算はありません。また、MNP転出手数料が高額(6ヶ月以内では8000円)なのも、気になるポイントです。もっとも、電話番号が変わっても構わないという人には、お試しにピッタリです。
▼使用感や解約についての体験動画です▼

イオンモバイルの店舗

「業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】」というのがイオンモバイルのホームページのタイトルです。
確かに、月額480円(データSIMプラン)〜というのは業界最安級といえるでしょう。2017ねんのオリコン・日本顧客満足度調査格安スマホで1位を獲得しているので、サービス全般の評価も高いようです。顧客満足度を左右する要件のひとつとして、店舗でどれだけ丁寧な対応を受けられるかもあることでしょう。その点、イオンモバイルは。全国にイオンの店舗網がすでにあるということが強みになります。もちろん、イオンモバイルは全国のイオン店舗で申し込みが可能です。 次のようにメリットを謳っています。

●店舗スタッフが丁寧に商品やサービスをご紹介
●実際に端末をさわって試せる!
●SIMカード、端末も当日受け渡し。
●MNP(番号そのまま乗り換え)も当日完了
●ご契約後のプラン変更や故障修理受付等の
●アフターサービスも充実

店舗検索はこちら=リンク
イオン店舗での購入は、商品を店頭で契約後、その日にうちに持ち帰る「契約即日お渡し店舗」がおすすめですが、近くにその対応店舗がない場合、「後日配送お渡し店舗」を探します。

イオンモバイルのSIMと端末

イオンモバイルは格安スマホ・格安SIMを提供するサービスですから、購入方法は「端末とセットで購入」「SIMカードのみ購入」「端末のみ購入」ができ、SIMにしても「音声SIMを購入」「データSIMを購入」「SMS付データSIMを購入」が選べます。「音声SIMを購入」を選んだ場合には、「MNPで申込む」「MNPで申し込まない」の選択もできます。
なので、「端末を持ち込んで」のイオンモバイル契約も可能ですが、端末が対応しているかどうかが気になります。
そこで、サイトの「よくある質問」コーナーでは、「動作確認端末一覧」というのが公表されています。=リンク
「動作確認端末一覧」では、「スマート・フォン」「タブレット」「モバイルルーター」といった種類から検索することができ、他にメーカー別の検索やキーワードによる検索もできます。

最新情報をチェックしよう!
広告