ブックオフの店舗や営業時間とオンラインサービス

ブックオフの店舗

ブックオフは、以前の「古本屋」とは一線を画したイメージで人気があります。店舗は全国に散らばり、アメリカ、フランスにも店舗を構えています。
ブックオフの店舗にあるのは新品ではありません。そのせいか、立ち読みしてもとくにイヤな顔もされないようです。
そして、買い取りシステムがマニュアル化され、本を売るのも買うのもお気軽さが売りになっています。毎月29日の「ブックの日」のキャンペーンも、手ごたえ大です。
ブックオフの店舗では、本を売っても買っても金額に応じてポイントが貯まるシステムになっています。貯まったポイントは1ポイント=1円として使えるうえ、各種キャンペーンと併用できるのも二重マルです。
ブックオフの店舗では書籍のほかにも、CD・DVD・ブルーレイ・カードのラインナップにも要注目です。パソコンやデジカメを販売する「ハードオフ」を併設しているケースは多々あって、断捨離アンご用達としても重宝がられている模様です。
最寄りのブックオフ店舗がどこにあるかですが、ブックオフのサイトから簡単にできます。選び方はふた通りあって、ひとつは「都道府県を選ぶ」という欄で、例えば東京、熊本、大阪、愛知、神奈川、京都、広島など地域名を選んで一覧表示させるやり方(地図をクリックしてもできます)、もうひとつは、「店名・地名・最寄り駅名」という欄に渋谷、仙台、秋葉原、札幌などの地名や駅名を入力して該当店舗の一覧を表示させるやり方です。※店舗検索はこちら=リンク ※下のキャプチャー画像からもリンクしています。

[adsense]

ブックオフの営業時間

大半の店舗では、ブックオフの営業時間は10〜21時などとなっています。複合施設内にある店舗では変則的にそちらの定業時間に合わせていますが、平日・土日祝も同じように営業している感があります。
ブックオフは、原則的に年中無休で営業しているとのことです。年末年始などで営業時間が短縮されるケースはありますが、こうした期間は書き入れ時として力を入れている模様で、かえってキャンペーンで普段よりお得になるケースはままあります。
本の売り買いは、ブックオフの営業時間内に限定です。ただし土日祝は客足が多く、とくに買い取りに殺到する人が多いので、終業間際に「お売りいただく本」を持ち込むのは避けたほうが無難です。
ブックオフは基本的に年中無休ですが、棚卸しや店内改装などで不定期に休業日になることはあります。店頭ではポスターやアナウンスで告知してくれますが、行く前にホームページで確認しておくと安心です。
[wbcode2]

ブックオフの通販やオンラインサービス

「ブックオフオンライン」は、ブックオフの通販サイトです。一般書籍・漫画・CD・DVD・ブルーレイ・ゲーム等々、全国共通のラインナップから、ほしい商品を選んで購入できます。ブックオフの通販は税込み1500円以上になると、送料無料になります。本は冊数が多くなるとけっこう重くなるので、まとめ買いには最初から通販を利用するのが賢い方法です。
ブックオフの通販は、楽天のサイトにも「支店」を出しています。公式サイトと比較すると一歩譲るところがあるようですが、ポイントを利用できるメリットは捨てがたいものがあります。ヤフオク店では、オークションに出品されている商品もリストアップされていて、さらにお得になる可能性があります。
ブックオフの通販でリピーターには、メルマガ会員に登録するのがおすすめです。会員には不定期にクーポンが配信され、ほしかった商品が大幅割引で購入できるなど、得になる部分も多いのです。また、ブックオフでは通販だけでなく「ネットで買い取り」もできますが、総合的にオンラインサービスを使うのであれば「ブックオフオンライン」に無料登録しましょう。「最新入荷リスト」や「本日の値下げ情報」は毎日更新され、送料は1500円以上の購入で無料になります。※ブックオフオンラインはこちらから=リンク

広告