たこ焼きの材料や作り方といろいろなアレンジレシピ

たこ焼きの材料

たこ焼きは大きく、材料は生地・具・トッピングの3パートに分かれます。家庭用の生地の材料は、小麦粉200g、だし900ml、しょう油・みりんが各々大さじ1杯ずつ、Mサイズの卵2〜3個が標準的です。
たこ焼きの生地は、材料に天かすを入れることもよくあります。小麦粉:片栗粉が6:1くらいの割合で片栗粉を入れると、もちもち感がアップします。
たこ焼きの材料で、メインのタコはぶつ切りにしておきます。トッピングに、紅しょうがやカツオ節を好みでプラスすればパーフェクトです。ソースは、おたふくソースに限るという意見は多いのですが販売地域が限定的なので、なければ他のソースなどで代用するしかありません。ちなみにオタフクソースでは、「おうちで簡単焼き方レシピ」というページで、用意する材料の一覧表を掲載しています。以下のキャプチャー画像からリンクあり

         

たこ焼きの作り方

たこ焼き器があっても、作り方にはコツというものがあります。生地を作る際、まずボウルに出汁を水で溶いて、小麦粉は最後に2〜3回に分けて入れる作り方をすると、ダマになることなくトロリと滑らかな生地が出来上がります。
ホットプレート型のたこ焼き器では200度くらいに加熱し、生地が穴からはみ出るくらいに注ぐのがコツです。タコはぶつ切りにしますが焼くと縮むので、心もち大きめに切る作り方がベターです。
たこ焼きの作り方のハイライトは、穴に具を入れてから、はみ出た生地を穴に集めながら、回していくプロセスです。適度にクルクルと回しながら均等に焼き上げていき、表面がキツネ色になったら完成となります。
ちなみに前述のオタフクソースは、作り方についての解説も掲載しています。以下のキャプチャー画像からリンクあり

         

たこ焼きの生地の作り方

たこ焼きは、生地の作り方が食感を左右します。ビギナーはこの段階で失敗するケースが多々ありますが、生地はまずボウルに卵やだしを入れて、出汁を濃いめに作ることから始まります。次いで小麦粉は、ダマにならないよう2〜3回に分けて、泡立て器でかき回しながら入れるのがコツです。
たこ焼きの作り方は、生地がよく混ざっていることがキモになります。泡立て器でかき回しつつ、目安としてポタージュスープ並みのとろみがあればOKです。
たこ焼きの生地は、とろみ・もちもち感がアップすることから、天かすや片栗粉を入れる作り方も人気があります。卵は多いほうがふんわり感がアップするので、好みで増量するのもアリです。

         

たこ焼きのレシピ


たこ焼きは、レシピさえあれば簡単に作れるわけではありませんが、生地がまともにできたら、半分完成したも同然です。生地は最初に、ボウルに卵やだしを水で溶いて出汁を作り、ダマにならないよう小麦粉は最後に2〜3回に分けて入れ、泡立て器でよくかき回します。タコは、少し大きめにぶつ切りにします。
レシピによると焼く段階で、たこ焼き器は200度くらいの強火がベストとあります。生地は穴からはみ出るくらい入れ、具は火の通りにくいタコから入れるのがコツです。
たこ焼きのレシピでは、焼き段階でも注意を促しています。はみ出た生地を穴に入れながら、全体にキツネ色になるまでクルクル回すのは基本中の基本です。
またまたオタフクソースですが、いろいろなアレンジレシピの紹介もあり、たとえば女子たこ焼きは以下の感じです。※キャプチャー画像からリンクあり

最新情報をチェックしよう!
広告